体脂肪を落とす方法エステTOP > 体重を落とす際の注意点とは? > 運動でダイエットするのは非効率的

運動でダイエットするのは大変

運動でダイエットするやり方は、非効率的であり、とても大変なことです。

これは、もちろん運動だけで体脂肪を落とす方法のことです。本来、ダイエットというと食事制限とか食事の工夫をすることによって、痩せようとする方法です。そこに運動という意味はありませんでした。でも運動することで、消費カロリーを増やせるため、現在では体脂肪を落とすための有効な方法として、広まっています。

運動でダイエットする方法には、有酸素運動と筋トレの二つに分けられると思います。そのほか、あえて加えるとすれば整体系のエクササイズでしょうか?たとえば骨盤矯正ダイエットなどです。

運動でダイエットするといっても、有酸素運動と筋力トレーニングでは、その効果が全く違います。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、運動中に脂肪を燃焼させます。緩やかな運動は、主なエネルギーとして脂肪酸を使用するからですね。いっぽう筋トレは運動中には、それほど脂肪酸は使いません。そのかわり基礎代謝量が向上するために、1日中、筋肉が脂肪酸を消費するようになります。

有酸素運動でダイエットする場合、運動中の脂肪燃焼だけではありません。心臓や肺の機能、つまり心肺機能を高めるので、血流がよくなります。いわゆる血液サラサラ状態ですね。そのため体内環境がよくなるので、じっとしているときでも脂肪が燃えやすくなる体質になれます。有酸素運動というと運動中の脂肪燃焼ばかりに目が行きがちですが、このようなメリットもあるのです。

筋トレによる運動はダイエットに必要不可欠です。筋肉をつけると基礎代謝が高まるので、あなたが黙っているときでも寝ているときでも、今までよりも消費カロリーがアップします。しかも、じっとしてるときに骨格筋で使われるエネルギーの主体は、脂肪酸です。ですから、どんどん体脂肪を落とす方法として、筋トレはじつは有効なのです。

注意点としては有酸素運動だけでダイエットしようとすることは、非常に効率が悪いということ。有酸素運動中には、とくに内臓脂肪が燃やされ、どんどん減っては行きます。しかしダイエットの成功は、しょせんは摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことです。この公式からすれば、有酸素運動によるカロリー消費は、はなはだ少ないと言わざるを得ません。

ですから運動でダイエットしようとしたら、どうしても有酸素運動プラス筋トレという組み合わせが必要不可欠になります。しかも有酸素運動中に脂肪酸が燃焼する場所は、筋肉細胞内です。つまり筋肉量が少ないと、脂肪を燃やす場所がないことになります。そうなると、脂肪の燃焼ということすら出来なくなります。

結局は、脂肪の燃焼という点からも、また1日全体の消費カロリーのアップという点からも、単に有酸素運動でダイエットするだけでは、全く意味を成さないことになります。しかも筋肉があまり付いていない人が、賢明にウォーキングなどをしていると、辛いのでストレスばかりがたまります。すると副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が分泌されて、ただでさえ少ない筋肉を、さらに分解してしまいます。これが太りやすく痩せづらい体質になる原因の1つです。

さて筋トレと有酸素運動はダイエットに有効だと分かりました。それぞれを切り離すのではなく、組み合わせた場合ですね。しかし、運動でダイエットに励んだとしても、食事が食べ放題では、どうなるでしょうか?

ダイエットはしょせんは、摂取カロリーと消費カロリーの関係性です。もしも食べ過ぎて摂取カロリーのほうが上回ってしまえば、体脂肪(中性脂肪)は減っていかないという結果になります。ですから運動だけで痩せようとすることは、とても非効率的であり、せっかくの努力がもったいないですよね?

運動でのダイエットを無駄にしないためにも、食事の面でも、少しは食事量を減らすことがポイントです。だからといって過激な食事制限を勧めているのでは、決してありません。食事量を急激に減らして、短期間のうちに痩せようとすることは、体を飢餓状態にするだけです。そうなると、かえって脂肪をため込みやすくなるだけなので、やってはいけません。そうではなく、よく噛んで食べることで、腹八分目で満足する状態を目指すのです。これなら食べ過ぎる心配はありませんよね?

しかも筋トレと有酸素運動でダイエットしているのですから、腹八分目くらいは、しっかり食べたほうが筋肉の材料になります。そうなると基礎代謝のアップにつながっていくという好循環になっていきます。食べないダイエットよりも、「運動しているのだから、ある程度はしっかりとした量を食べる」という発想が大事です。ただし、これは食べ過ぎることとは違うので、その点は注意が必要です。