体脂肪を落とす方法エステTOP > 体重を落とす際の注意点とは? > お腹の脂肪をダイエットするには?

お腹の脂肪をダイエットするポイント

お腹の脂肪をダイエットすることは、女性なら一度は考えたことがあるでしょう。お腹がぽっこり膨らんでいると、タイトな洋服が着れませんし、若い女性なら可愛い水着も台無しですよね?そこで、何とかお腹周りを細くしようとするわけです。

お腹の脂肪をダイエットする方法は、一通りではありません。腹部というのは、ほかの体の部位とは違って、内臓脂肪や皮下脂肪、また内臓そのものがあります。それに対して、二の腕や太ももなどは、骨の上に筋肉が取り巻き、その上に皮下脂肪があります。

お腹の脂肪をダイエットするには、まずはあなたのお腹が、内臓脂肪によって膨れているのか、それとも皮下脂肪が原因なのかを見極めることから始めましょう。お腹の脂肪を指でつまんでみてください。つまめる部分の脂肪は、皮下脂肪ということになります。かなりつまめるようでしたら、皮下脂肪によってお腹が大きくなっていると推測できます。

それに対してお腹がでっぷりしているのに、指でつまめる部分が少なければ、内臓脂肪の割合がかなり多いことになります。じつはこちらのほうが、お腹の脂肪をダイエットしやすいといえます。

内臓脂肪は、小腸を支える腸間膜についてしまった脂肪のことです。ここに蓄積する体脂肪は、小腸の毛細血管から染み出した脂肪。言ってみれば蓄積しやすい代わりに、持ち出しやすい部分でもあります。ですから、ちょっと空腹の状態があったり、有酸素運動で脂肪を燃焼させれば、すぐにでも減っていく部分といえるのです。

もしも皮下脂肪型の肥満なら、内臓脂肪よりは、お腹の脂肪をダイエットできるまでに時間がかかります。皮下脂肪は全身から同じように均等に減っていくからです。それでも、全身もスリムになるのですから問題ないと思います。

お腹の脂肪をダイエットする場合、内臓にも目を向ける必要があります。内臓が下垂して垂れ下がっていることが原因で、お腹ポッコリになっているかもしれないのです。胃下垂とかありますよね?このように、内臓は弱ってくると垂れ下がるのです。大腸も、便秘や下痢などで弱ってくると垂れ下がり、ガスなどをため込みます。それが全身の肌に流れると、肌荒れを起こしたり、むくみ、冷え性の原因になります。

女性の場合、骨盤のずれや開きも見逃せません。骨盤が開くと、いままで内臓を支えていたのが、支えきれなくなります。その結果、内臓諸器官が垂れ下がってくるのです。そして下腹がぽっこりしてきます。そのさい卵巣などに内臓が乗る形になると、女性ホルモンの分泌不良の危険もあります。出産を経験すると、骨盤が広がり、内臓下垂を起こすといわれています。もし心当たりがあるなら、美容矯正院や整骨院などで、骨盤矯正ダイエットをするのもいいかもしれません。

お腹の脂肪をダイエットする方法は、以上のように様々な観点から可能です。それらに加えて、腹筋を鍛えるというやり方があります。よく間違えがちなのは、腹筋を鍛えても、お腹の体脂肪を落とす方法とはならないということ。

ただし、それは腹筋だけで満足してしまった場合。腹筋を鍛えることによって、腹部周辺の血行がよくなります。ですから腹筋に刺激を与えた直後に、ウォーキング・ジョギング・サイクリングといった有酸素運動をすれば、お腹の脂肪が燃えやすくなると考えられます。ただし、低カロリー置き換え食品を並行して行うと、内臓脂肪にたまりやすくなると言われているので、注意が必要です。