体脂肪を落とす方法エステTOP > 体重を落とす際の注意点とは? > 太ももが太い女性の解消法とは?

太ももが太い場合のダイエット法

太ももが太いということで、お悩みでしょうか?

確かに太ももがスラリと細く、スリムな女性に憧れるのは、女性なら当然といえるでしょう。足が太くて、しかも上半身が細めだと、尚更目立ってしまいます。

太ももが太いのは、女性なら、ある意味仕方のないことです。女性は洋ナシ型の肥満といって、太るなら下半身太りが多くなるという傾向があります。それに対して男性の場合は、お腹や上半身に付きやすいという特徴があります。これは性差による肉の付き方なので、ある意味仕方のないことだと思います。

女性の太ももが太い場合、食事制限だけに頼ってダイエットしようとしていることが、まず考えられます。あるいはダイエットをまだしておらず、食べ過ぎの傾向がある女性も、下半身太りになりがちです。

女性の場合、男性と違って内臓脂肪に脂肪細胞が蓄積するということが、あまりありません。なぜなら女性は出産しなければならず、胎児をお腹のなかで育てなければならないからですね。もし内臓脂肪があると、邪魔になってしまうわけです。

ただし、内臓脂肪に変わる脂肪細胞の貯蔵庫として、お腹周りやお尻(ヒップ)、太ももに付きやすくなります。女性の太ももが太いのには、このような理由が考えられるわけです。

内臓脂肪の存在意義は、いつでもすぐに取り出せるように待機させておくことです。空腹時や有酸素運動などで、脂肪酸が必要になったとき、すぐに取り出して分解できるようになっているのです。女性の場合は、この内臓脂肪に相当する部分がお腹周りの皮下脂肪や太ももの贅肉ではないでしょうか?

ということは、女性の太ももが太いといっても、すぐに使われる皮下脂肪の可能性があります。よく全身から、皮下脂肪は均等に減っていくといわれます。でも、工夫次第でお腹周りや太ももの脂肪から、優先的に体脂肪を落とすことも可能だと考えています。

太ももが太い女性の特徴として、足の筋肉量が少ないということがあります。モデルをしている人たちは、食事制限だけで、あれだけスリムな体型を維持していると思いますか?それは違います。彼女たちは、もちろん食事量を多少は減らしますが、それよりも体に筋肉をつけて、基礎代謝を高めているのです。

スリムな足をしていても、筋金入りの足の筋肉を持っているのです。太ももの筋肉は大腿筋といいますが、大腿筋が脂肪をどんどん燃焼するために、太ももが太い状態にならないわけです。

ということで太ももが太いと悩んでいる女性は、まずは足に筋肉をつけましょう。足に筋肉を付けるもっとも手っ取り早い筋トレは、ヒンズースクワットです。やり方は簡単で、膝をゆっくり屈伸させては、再び立ち上がるだけです。注意点としては、両膝がつま先よりも前に出ないようにすること。そうしないと腰痛の危険があります。足は肩幅に開き、ゆっくりと膝屈伸を繰り返せば、太もも辺りが痛くなってくるはずです。

太ももが太いという女性は、このようにまずはスクワットをします。すると成長ホルモンが分泌されてきます。さらに交感神経系が優位になります。両方の経路により、脂肪分解酵素のリパーゼが刺激されます。つまりスクワットの直後というのは、脂肪が分解されて、血液中に流れ出すということです。

この段階で、足を使った有酸素運動、たとえばウォーキングやジョギング、サイクリング、ステッパー、エアロバイク(エルゴメーター)などをすれば、すぐに体脂肪を落とす方法を実践できます。血液中に脂肪酸が流れているのですから、それをすぐにでも燃焼できるのです。

よくいわれるように20分を待たなくても、すぐに体脂肪を燃焼できるので、筋トレ→有酸素運動という流れはオススメです。直前に太ももを筋トレで刺激しているので、太ももの血流がとくによくなっています。この状態でウォーキングなどをすれば、太もも周辺の脂肪がとくに燃えやすくなると推測できます。

太ももが太いと悩んでいる女性は、このような運動の順序がオススメです。スクワットをすると、かなり太ももの筋肉に負担がかかり、足がガクガクしてきます。ですからスクワットのあとの有酸素運動は、負荷が大きいジョギングよりも、ウォーキングのほうがオススメ。室内にステッパーがあれば、それでもいいと思います。