体脂肪を落とす方法エステTOP > 体重を落とす際の注意点とは? > ダイエット運動を食後にやる効果とは?

ダイエット運動を食後にすると太りにくい

ダイエット運動を食後にすると、脂肪が蓄積しづらくなります。

一口にダイエットの運動法といっても、体脂肪を落とす方法として利用することも出来れば、脂肪の蓄積を予防する方法としても活用できるわけです。体脂肪を落とす方法としては、空腹時の有酸素運動が有効です。また、普通に筋トレをして筋肉量を増やすことによって、基礎代謝がアップします。すると普段じっとしているときでも、脂肪を燃焼する体質になれるのです。

それ以外に、ダイエット運動を食後にするというやり方があります。これは、脂肪を分解する方法ではありません。食後といっても、食べてすぐのことではありません。食後少なくとも30分は経過したころと、思っていただければいいです。できれば1時間はおいて、エクササイズをしたほうがいいかもしれません。

ダイエット運動を食後にすることのメリットは、血液中に流れている栄養素を、そのままエネルギー源に出来ることです。ふつうは、ものを食べると、胃腸で消化され、血液中に流れます。これは血液中にぶどう糖や脂肪が多い状態であり、いわゆる高血糖状態です。すると膵臓からインスリンが分泌されてきて、これを細胞で利用させます。

もしも細胞で利用できない分があれば、グリコーゲンタンクに収めたり、それでも余れば脂肪細胞へと向かうことになります。そして一旦脂肪細胞に、中性脂肪として蓄積されてしまうと、なかなか脂肪を落とせないという事態になるのです。女性は内臓脂肪よりも皮下脂肪としてたまりやすく、この皮下脂肪がなかなか落ちづらいのです。

それならダイエット運動を食後に行なって、脂肪細胞に格納される手前で、消費してしまおうという発想ですね。これは脂肪に蓄積される前ですから、簡単に消費されます。食後すぐは消化不良を起こすのでダメですが、しばらく経ってからエクササイズすれば、血液中のぶどう糖や脂肪を、すぐにでも筋肉細胞で使用していけるのです。

ダイエット運動を食後に行う場合、有酸素運動でも筋トレでも、どちらでもいいと思います。普通に有酸素運動をした場合でも、最初の20分くらいは血中の脂質や糖質が使われますよね?それと同様に、ダイエット運動を食後に行なえば、血液中の糖質(グルコース)や脂肪分が消費されていきます。

ただこの場合は高血糖状態なので、20分以上ウォーキングしたからといっても、脂肪の分解が始まることは期待しないほうがよいでしょう。あくまでも脂肪の蓄積の予防が目的なのです。このように、1つの目的をもって運動することが大切です。

いっぽうダイエット運動を食後に行なうとき、筋トレにするという方法もあります。これも同じように血液中の糖質や脂質が使われていきます。それとともに、血液中にはアミノ酸(タンパク質が分解された状態)も流れていますから、それをすぐに筋肉の材料として使っていけます。ですから筋肉が付きやすくなるというメリットがあります。

このようにダイエット運動を食後に行なうことは、肥満への防波堤になると言えると思います。もちろん、このやり方だけでは、体脂肪を落とす方法とはなりません。血液中の栄養分を消費しているに過ぎないからです。ですがドミノ倒しのストッパーのように、肥満の拡大を防ぐことはできます。

たとえば宴会などで食べすぎが予想される場合、ダイエット運動を食後に行なってもよいのです。ただし酔いが入っているので、理論どおりにはいきませんが・・。普段でも、今日は食べ過ぎたなというときに、ダイエット運動を食後に行なえば、それをチャラにできるわけです。この方法を応用すれば、好きな食べ物を思う存分食べながら、しかも太らないでいられるという芸当も可能になります。

ダイエット運動を食後に行なえば、このように肥満を防止できます。そのうえで、空腹時に有酸素運動を実践するようにすれば、体脂肪を落とすことができます。ですから食事前に運動、食後にまた運動というように、食事を運動でサンドイッチにすると、いいかもしれません。食前の運動は、すでに付いてしまった体脂肪を減らしていく運動になります。いっぽう食後の運動は、これ以上脂肪を付けないために有効になるというわけです。