体脂肪を落とす方法エステ

体脂肪を落とす方法は、何も極端に食事量を制限するダイエットばかりではありません。それどころか、このような過激でストレスが掛かるダイエット法は、いずれリバウンドに陥り、ダイエットの失敗や挫折を引き起こすだけです。

体脂肪を落とす方法は、一言でいえば、緩やかなダイエット方法です。一気に食事量を減らすやり方は、体のホメオスタシスに触れて、ダイエットの停滞期を呼び込むだけです。そうではなく、徐々に食事量を減らして、少しずつ心と身体を慣らしていく。そうであってこそ身体に備わっている恒常性のスイッチに触れることなく、体重を落とすことができるのです。

体脂肪を落とす方法というと、食事法と運動法があります。食事法においては、前述したように徐々にカロリーを制限することが大事です。また栄養バランスを気をつけたり、食事の間隔が空きすぎないようにすることも大切です。これも体を飢餓状態に持ち込まないためには、必要不可欠。

ダイエットの運動方法においても、食事法と同様のことがいえます。体脂肪を落とす方法というと、有酸素運動が思い浮かびます。短期間でダイエットの結果を出そうとする女性ほど、気が焦り、長時間のウォーキングに頑張りがちです。

しかし、そうなると精神的にストレスがかかって、かなりの糖質を脳が要求することになります。このことがストレスホルモンのコルチゾールの分泌を促して、筋肉の分解にまで発展する危険があるので要注意です。

ストレスという点では、過激な食事制限のダイエットも、かなりのストレスです。すると運動法と同様に、あなたの筋肉を分解して、ブドウ糖にします。それを脳のエネルギーにしようとするため気をつけねばなりません。

結局は、体脂肪を落とす方法とは、栄養不足にならないように、またストレスをかけないように気をつけることに尽きるといえます。この点に気をつけることが、まさにダイエットで痩せるための秘訣であり、極意です。その意味では、世の中に流行している多くの食事制限系のダイエットや、激しいダイエットDVDは失格ということになりますよね。

長期目線で気楽にダイエットに取り組んでいる女性ほど、減量に成功しやすい特徴があります。反対に短期ダイエットを志し、無理な食事制限や運動を自分に課している人ほど、ホメオスタシスに足をすくわれ、ダイエットの停滞期に苦しめられるという特徴があります。

それだけではなく生理痛や生理不順、PMSといった「おまけ」まで付いてくる場合があります。拒食症の危険性も増大します。自律神経が乱れれば、色々な不快症状である不定愁訴の要因ともなりかねません。

体脂肪を落とす方法は、長い目で見ないといけません。なぜなら体脂肪が付いたのも、一朝一夕ではないはずだからです。皮下脂肪を落とすために、痩身エステなどに行く女性も多いですが、脂肪を外部からマッサージしたからといっても、脂肪は分解しません。しょせんは脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させなければ、脂肪は燃焼しないからです。

当サイトから、「痩せる薬や、いかがわしいダイエットサプリメントに惑わされないための知恵」を汲み取っていただければ幸いです。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)